いにしえのまち〜避難小屋〜

登山系アウドドアとアニメ・舞台探訪(聖地巡礼)系の境界線を行くブログです。
















18きっぷ期間中に、2回消化を絞まられたのでどこかに旅に出ることにしました。
2回なら、日帰りで2回近場に行ける計算だったのですが、木曜日に8日東京発のムーンライトながらの指定席を確保してしまった関係で、花咲くいろはの舞台探訪を行うことが急遽決まりました。
同作品に関しては、P.A.WORKS原作で、4月クールからの放送がリリースされております。
PVも4バージョン公開されており、舞台も一部判明しておりました。
また、私の周りの舞台探訪者の方々が特定活動にすでに動きだしており、私も始める前に一度行くことにしたわけです。

ツイッターで今から行くことをつぶやいたところ、こんな返事がきました。

@habusan 気をつけていてら。 魚くらい食ってきなよw

まあ、私の探訪は、写真を撮影することが第一優先で、それ以外は二の次だったりw
どんな、海の幸が美味しいところでも、安く済ませるためにコンビニでパンとか弁当とか、吉牛だったりと、普段とあまり、変わらないわけでw

しかし、今回は、金沢駅よりマイミクさんの車で行くことになっていましたので、一人ではないわけで、どこかでご飯を食べるから、あまり心配してなかったけどね。

さて、18きっぷを利用して、ムーンライトながら→大垣ダッシュ・米原ダッシュ・敦賀ダッシュを繰り返して、金沢駅に到着したのは、10:00でした。
そこから、マイミクさんの車で、能登半島を目指すことにしました。
だが、この日は、雨のち雪で強風とまさに私らしい天気でした。
北陸在住者の知り合いからは、辞めたほうがよいと言われましたが、あえて突撃することにしたわけですよw

能登有料道路は、大荒れの日本海を眺めながら、車で走りました。
途中で、富山で呑み会に参加して、翌日の約束が流れてしまったマイミクさんとも合流して、3人で目的地であるのと鉄道西岸駅へ向かいました。

P1110701 P1110642
西岸駅に到着しましたが、典型的田舎のローカル線の無人駅だったります。
1時間に上り下り1本程度の本数で、30分間隔ぐらい。
花咲くいろはPVのカットを撮影するために、穴水行の列車(NT200)を待って撮影しました。
また、駅内には、駅ノートが設置されており、普通なノートでしたが、マイミクさんの名前と共に花咲くいろはのネタも少しありましたね。
4月以降、どうなってしまうのか、楽しみにしておりますね。

0f325ede54c8770f006f31a8bd697eed

ca56f029c1110a7b0e3e53a78c5b10db

fb3d96b4c91620ff52e3ba3187a586c9

875adf159f8e63cbbb6459164d1ae888
西岸駅カットに関しては、舞台探訪まとめWikiに専用ページを設置しましたので、
そちらをご覧ください。

TVアニメ「花咲くいろは」舞台探訪

都内カットと思われるものや肝心な喜翆荘の舞台とか能登半島の風景だと思われるカットなどの特定が進むことでしょね。
私は、4月クールは、関東作品で数本やりたい作品がありますので、特定作業的にはまとめる立場を取る予定ですが、数回足を運ぶ予定です。


さて、西岸駅を後にした一行は穴水でご飯を食べることにしました。
フォロワーさんにも言われてしまったので、地のものを食べることにしました。
穴水ではカギがプッシュしており、それしかないと考えました。













洋食屋でかきふらいを頂きました。
このボリュームで1000円というのはなんとも嬉しいところですね。
魚ではありませんが、これで言い訳になるかなと思い、美味しく完食しました。

そのまま、福井の勝山まで車で乗せてもらい、国盗りをしてえちぜん鉄道で福井駅まで行きさらに、マイミクさん3人と会いました。
最近、色々ところで会うようになりましたが、舞台探訪関係の方はそれぞれ担当している作品があり、1つの場所に集まるということはあまりないのですが、帰りがけに会ったりすることは比較的多くなりましたね。
明日は、早く起きて豊郷小学校に行くのだろうか?
それだったら、そろそろ寝ないといけないのだけどw

2011年もいよいよ始まりました。
成人の日を含む3連休で、1月クールのアニメも放送開始となりました。
今クールは、前クールからの継続作品である、とある魔術の禁書目録Ⅱを乗り切りのと、
3月にオフ会を控えているので、前クールのような無双探訪ではなく、少無双に押さえておく予定です。
さて、1月から開始となった作品の中、「夢喰いメリー」という作品にスポットを置きました。
PVを見たところ、どう考えて江ノ島電鉄の江ノ島駅だったので、これは行けると思い、
三連休初日に行ってきました。


直江津周辺が舞台となっているという話ですが、なんで江ノ島駅が登場したのか?
本編見ていれば、直江津も登場するのかな~と思いながら見ていくことになりました。
さすがに、雪深い上越地方にこの時期に突撃するのは、危険を感じてしまうので、
現地に行くことはあまり考えてないことにします。

一部の画像を比較研究目的により引用しています。
作品の著作権(画像も含む)は「©牛木義隆・芳文社/夢喰いメリー製作委員会」 にすべて帰属します。

d6eb78679ed882a0c6d6ae913259578f
8e477035742428465fb20003dcca5eb3

(舞台探訪まとめWiki)

2010年12月24日のクリスマスイブに、快速ムーンライトながらちゃんに乗り、一路、西宮にいきました。
同年2月に公開されて、劇場版のブルーレイ発売に伴う舞台探訪を実施しました。
関西に行くということで、舞台探訪者コミュニティのメンバーに声をかけたところ、4名も同行することになり、久しぶりに楽しい探訪となりました。
しかし、この日の天気は曇りで、気温もかなり低下しており、雪でも降り出しそうな天気でした。
甲陽園駅をスタートして、北高方向に移動を開始したところ、突然、白い粒が空から降ってきました。
天気的に消失のロケーションに一致しているのですが、雪が降ってくるとは、まさに私らしい探訪でした。
また、気温がかなり低下していたために、カメラのバッテリーの低下も著しく、キャプを見るために使っている、iPodtuchも、バッテリーがなくなりそうでした。
まさに、時間と寒さとの戦いでしたが、北高から、夙川のサイゼリヤにたどり着き、昼食を取り、甲陽園学園カットを撮影して、水道橋踏切で撮影した直後にカメラのバッテリーがお亡くなりになりました。
その後は、舞台探訪者コミュニティの関西支部の「忘年会・クリスマス会・おでん会」に参加して楽しい日々を送ることが出来ました。























消失後の世界で長門の家で食べたおでんを再現してみたいです。
どのメニューも美味しく頂きました。

明けましておめでとうございます。
今年も一年よろしくお願いします。
舞台探訪を初めて今年で7年目となりました。
最近では、特定した舞台での地域振興なども全国を行われるようになり、舞台情報の発信者としては嬉しい限りです。
今年は、舞台探訪まとめWikiを中心に舞台情報を発信していくだけではなく、舞台となった場所での地域情報などの聖地巡礼的な情報にも触れるようにして、舞台のその後も追いかけていくことも模索していきたいです。

1月クールは、10月からの継続のとある魔術の禁書目録Ⅱの舞台を追いかけていきます。
無限に広がる学園都市をどこまで追えるのかわかりませんが、頑張っていきたいです。
4月クールからは、北陸エリアの舞台なPAWORKS新作の花咲くいろはや、京アニの日常?などもありますしので忙しくなりそうです。
また、10月からは、灼眼のシャナの3期がありそうなので、大宮へ行くことになりそうですね。
他にも舞台がありそうな作品を見つけてちょくちょくやっていきたいですね。

舞台探訪においての交流活動に関しては、今年もmixiコミュニティ「舞台探訪者コミュニティ」を中心に行っていきます。
3月には、年に1度の集まりである、第4回舞台探訪サミットがありますし、各地で行われる交流会を等にもできるだけ参加していきたいですね。

年末に行った舞台探訪は以下の通りです。
*舞台探訪まとめWiki更新情報

730fc6253caec89714993d73f0711084
*撮影:2010年12月31日(金)
→新宿・横浜みなとみらい

840e25f20a65e6e055a9c32244b10eed
*撮影:2010年12月29日(水)
TVアニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」
→東京ビックサイト・お台場

67a1bb7541cb31627b883c09ac81aaba
*撮影:2010年12月29日(水)
TVアニメ「アマガミSS」
→お台場(大江戸温泉物語)

一部の画像を比較研究目的により引用しています。作品の著作権(画像も含む)は潤・嚮ゥつかさ/アスキー・メディアワークス/OIP にすべて帰属します。
一部の画像を比較研究目的により引用しています。作品の著作権(画像も含む)は(C)Copyright 和馬・冬川基・アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEXⅡ  にすべて帰属します。
一部の画像を比較研究目的により引用しています。作品の著作権(画像も含む)は©ENTERBRAIN, INC./アマガミSS製作委員会 にすべて帰属します。

知り合いの方より、TVアニメ「そらのおとしものf」第6話のEDにて、出雲大社が登場したということで、過去かみちゅ!の探訪にて
現地に行ったことがありましたので、写真ストックを検索したみたところ、同カットと同じものを発見しました。
久しぶりにブログの更新を兼ねて、舞台探訪レポートとしてお知らせすることにします。


◆作品の舞台を荒らさないように!!
◆現地の方々とは友好な関係を築いて行きましょう!!
◆観光地以外の舞台に関しては、さらに注意が必要!!
→舞台が住宅地である場合は、個人の家を撮影するなど、プライバシーを侵害する行為などは絶対にやめて下さい。
◆学校などの施設への立ち入りに関して
→外部に一般公開されている場合を除いて、小・中・高校内に立ち入るのは絶対にやめて下さい。


191219043IMG_1623-2

この写真を撮影したのは、2006年3月12日で今から4年以上前です。
当時は、舞台探訪をやり始めてで、大学の卒業旅行を兼ねまして、色々ところに行ったものです。
かみちゅ!を旅行開始直後に見始めて、尾道にたどり着いた時に、出雲大社で神様コンベンションの話を見たので、
下関より、山陰本線で出雲に向かいました。
実は、この日は雨に、この後にAIRの香住に行ったのですが、票が降ってきた記憶があります。
まあ、翌日は、由良川に掛かる鉄橋の前で吹雪に見舞われましたw

こんな頃のストックが役に立つなんで全国を旅行してみるものですね。

一部の画像を比較研究目的により引用しています。作品の著作権(画像も含む)は©2009水無月すう 角川書店 空美町新大陸発見部 にすべて帰属します。

49965b36ff8be28e
a10a3109a36bd4b0












TVアニメ「それでも町は廻っている」の2回目舞台探訪を行ってきました。
土曜日ということで、メイドカフェシーサイトの舞台である、下丸子にある「喫茶アルプス」に行ってきました。
内装は本編そのままですが、メイドさんはいませんでした。
食事などもしっかりとしたものが出るので大変美味しかったです。
ランチタイムには、コーヒーが150円(食事した場合)で単品メニューには、サラダと味噌汁が付くようです。

5129572e36cc6f91933ef537977203cd












ad25ce4350445840d3f443dd0d3b430c











その他に、商店街カットは下丸子だけではなく、武蔵新田駅周辺もありまして、2つの地区が混雑している状態でした。
詳細に関しては、こちらを御覧ください
また、マップに関しては、今週中に公開しますので、しばらくお待ちください。

◆舞台探訪まとめWiki



一部の画像を比較研究目的により引用しています。作品の著作権(画像も含む)は'かきふらい・芳文社/桜高軽音部''にすべて帰属します。

最近、けいおん!!しか舞台探訪やっていないので、
舞台探訪まとめWikiの更新がメインなっていますが、
7月クールから始まった、TVアニメ「生徒会役員共」の舞台が、
近場である、相模大野にあるということで、
都内で出たついでに、行ってまいりました。

実は、舞台探訪をやようかと思っていたのですが、
9月までけいおん!!シフトを組んでいる関係で、
なかなか、時間を作ることができなくて、
困っておりましたが、本日の放送で相模大野駅周辺カットが、
登場したということを出先で知ったので、
予定を切り上げて行ってきました。

今回は、舞台探訪まとめWikiにて専用ページを設置して、
それぞれ、まとめて行きますのでよろしくお願いします。

 

続きを読む

2010年7月9日の金曜ロードショーで、1995年公開のスタジオジブリ制作の耳をすませばが放送されました。
既に、15年ぐらいの月日が経っていますが、私は、となりのトトロ・魔女の宅急便と並ぶ、お気に入り作品なのです。

【舞台】「耳をすませば」舞台探訪記@聖蹟桜ヶ丘・多摩市(前編)

ここで、後編を紹介します。

続きを読む

2010年7月9日の金曜ロードショーで、1995年公開のスタジオジブリ制作の耳をすませばが放送されました。
既に、15年ぐらいの月日が経っていますが、私は、となりのトトロ・魔女の宅急便と並ぶ、お気に入り作品なのです。

今日の予定を決定したのは、10日の1時ぐらいでした。
キャプ資料とか位置情報の調査とかやる暇もなく、
ワンセグ録画したデータを携帯電話にぶち込んで就寝しました。
そして、寝過ごしてしまい、朝10時に目が覚めたところ、
携帯電話が充電されていないことに気づいたので、さらに1時間出発が遅れることになった。

目的地である聖蹟桜ヶ丘駅には、渋谷経由だとかなり時間が係るため、
武蔵小杉・南武線・京王線経由で聖蹟桜ヶ丘に到着です。
京王線の遅延もあり、到着は13:15に到着。

やっぱり、お腹が空いたので、なか卯で昼食を食べて、耳をすませばの世界に入りました。

*今回は、舞台探訪記扱いで記事を書くことにします。

 

続きを読む

私の舞台探訪は、アニメメインである程度の注目作品がメインです。
アニメの舞台探訪は、1週間という短い時間に如何にして舞台特定するという
スタンスが最近、芽生えてしまい、現地で楽しむとかゆっくりするとか
そんなことは、あまり考えることが出来ないのが現状であります。

ここ最近、舞台探訪者向けのコミュニティの立ち上げ、
定期的なオフ会の開催など、様々な作品の舞台探訪を行っている方々と
交流するようになってきまして、アニメでなくコミックの舞台探訪を、
行っている方々の活躍が多く見られるようになってきました。
私もアニメ化した場合、その情報を元に、 舞台を探す活動をしてきましたが、
コミックの段階での舞台探訪を探訪はやってきませんでした。
コミックの良いところは、作品の進み方が遅いので時間的に余裕があり
気軽に舞台が探すことができます。
さらに、あまり知られていない作品であれば、舞台探訪をやっている人も少なく
自分のペースで出来るのではないかと思い、この度始めてみることにしました。

私が最初に選んだ作品は、「東京下町ボーイ・ミーツ・歌姫」マンガを謳う、
竹林月氏のコミック、さくらフロンティアです。
選んだ理由は、第1巻の発売された段階でネットの記事があったのと、
作者が実際に取材していることが確認されたことでした。
また、ヒロインの天白春の私の脳内声優キャストでお気に入り声優さんの
能登麻美子さんが演じるキャラみたいだと勝手に決めつけたことや、
東京の下町・銭湯をテーマにしていることから舞台特定が比較的容易ではないと考えたからです。

そして、本日、第1回目の舞台探訪に行ってきました。
アニメの舞台探訪と異なり同カットレポート方
式ですが、
完全一致で紹介するのではなく、雰囲気を紹介していくことにします。


 

続きを読む

このページのトップヘ