2006年7月23日(日)にARIA The NATURALの舞台探訪を行いました。
この作品、舞台は外国であることは明白なのですが、第5話で日本国内が舞台となりました。
今回は、アニメ版で登場したシーンを、コミック版の舞台より紹介して行きます。

IMG_3039.jpgIMG_3038s.jpg

JR奈良線の稲荷駅を降りると直ぐに目的の伏見稲荷神社です。
調べてみると、商売繁盛の神様らしいです。
AIRAカンパニーのために二人はやってきたのでしょうね・・・・


aria5.jpgIMG_3029.jpg

 本編だと、日本の文化村らしいです。
アクアに移住した日本人は伏見稲荷をモデルに神社を作ったのでしょうか?

aria2.jpgIMG_2991s.jpg

お稲荷さんです。
これは、何処の神社に行ってもありますね^^
場所は山に入る入り口のお稲荷さんです。

aria8.jpgIMG_3016.jpg

本編で鳥居が沢山あるのですが、伏見稲荷にはより多くの鳥居がある。

aria1.jpgIMG_3026.jpg

さて、本編のアングルにめぐり合いました。
ここは、時代劇でも多く使われています。
本編との類似点は、鳥居の形とそれに続く道だけ・・・
ここは、森の中なので・・・景色は開けていません。
ちなみに、原作のコミックでも同様なシーンがあります。

aria7.jpgIMG_3013.jpg

灯理が雨宿りした場所?
伏見稲荷にはこのような場所は沢山あり特定は困難なのです。
本編のように、この配置でお稲荷さんが奉っているのはないようです。

aria4.jpgIMG_3035s.jpg

 ここは、伏見稲荷の正面です。
灯里がたどり着いた場所・・・・
このアングルで間違えないでしょうー

IMG_30081.jpg


これは、原作コミック版のアングルです。原作では、京都の貴船神社にも舞台があるようなので確認してみてください。


最後に・・・
今回の訪問では、ある重大な問題が発生しました。
それは、前日のハルヒ舞台訪問で体が大変な状態でした。
そして、この日は伏見稲荷で山登り・・・・さらに、雨・・・・・さらに、デジカメの電池が切れた。
以上のことであまり、舞台を廻ることができませんでしたので、少し残念でした。

一部の画像を比較研究目的により引用しています。作品自体の著作権はKozue Amano / MAG Gavden・AIRA Companyにすべてありますのでご注意ください。