P9160460.JPG

2007年9月17日(日)-18日(土)にミクシィコミュ『らき☆すたの舞台の春日部へ行こう』の第2回オフ会の一環で、第6話『夏の定番』の舞台である三浦海岸の民宿『魚萬』と、第13話からの実写エンディングで登場する城ヶ島へ行くことになりました。
参加者の皆様お疲れ様です。
それにしても、慣れない砂浜を歩き大変疲れました。

今回は、旅行記方式で紹介します。

レポートの順序は、DVDに収録されている『白石みのるの冒険』の映像順に紹介します。
DVDで確認してみてください。

↓城ヶ島ポイント①~④(城ヶ島パス亭~城ヶ島京急ホテル前)↓

拡大地図を表示  

 P9160511.JPG

①城ヶ島入口
バスを降りてみのるは、ここで撮影の説明を聞いている場所・・・

P9160469.jpg

②売店
みのるは、ここで自分ハンディカメラを持って撮影しています。
どこまでも、観光客な白石なのだ。

P9160472.JPGP9160467.JPG

③恋のミノル伝説(白石みのる立ち位置)
『何処までの観光客な白石』特典映像ではこんなテロップが出たと思うが・・・
みのるは、この岬みたいな岩場の先まで行き、最初の撮影を迎えた。

P9160467-1.JPG

スタッフ『自分の間で』
みのる『ミ・ミ・ミラクル・・・ミノル・ルン・ルン・・・・』
(第15話ED)

誰かここで、人柱になってくれる人募集中だ。
まあ、やる人は私の友人の中では一人しかいない・・・・

P9160466.JPG

④恋のミノル伝説(スタッフカメラ位置)
スタッフの立ち位置は、城ヶ島京急ホテル前当たりだが、この位置からカメラを向けるって凄い勇気だ。
みのるはさすがだ!!
私も映像を撮るのは好きだが、こんなところでやらせる勇気はない。
さすが、京アニだ。

↓城ヶ島ポイント⑤~⑥(城ヶ島京急ホテル前~相模亭食堂)↓

拡大地図を表示

P9160465-1.JPG

⑤もってけ!セーラーふく曖昧サンシャインバージョン(一部)
灯台が背景にある場所でみのるがジャンプするシーンで登場
この曲では、北海道や、他の城ヶ島の場所が使われている。

P9160478.JPG

⑥超えられない壁
第13話で登場した『俺の忘れ物』で超えられない壁で登場した場所。
このアングルを発見したせのたさんは凄いですよ。
岩場というのは同じような場所が沢山あり、実写でも探すのは難しい。
あと、この岩の裏は海ではないのでみのるは海に落ちたわけではない。

P9160479.JPG

番外編①
超えられない壁でスタッフが撮影していた場所
(DVDで確認してみてください。)

P9160480.JPG

番外編②
その近くに第14話でハレ晴れユカイでの撮影場所ではないでしょうか?
背景の岩場が満ち潮で見えませんけど・・・

====================================

ここから先は、マップ情報なしで紹介します。
P9160485.jpg

⑦俺の忘れもの
カップみたいな人がこのアングルに実際にいました。

P9160481.JPG

⑧もってけ!セーラーふく曖昧サンシャインバージョン(一部)
しかし、この場所は引き潮の時にいけるのでしょうか?
岩場として城ヶ島から孤立していますよ。

この先については、DVD第4巻が出たらまた紹介することします。

=おまけ=

民宿『魚萬』には、本編のような大きなお風呂はありません。