2010年7月9日の金曜ロードショーで、1995年公開のスタジオジブリ制作の耳をすませばが放送されました。
既に、15年ぐらいの月日が経っていますが、私は、となりのトトロ・魔女の宅急便と並ぶ、お気に入り作品なのです。

今日の予定を決定したのは、10日の1時ぐらいでした。
キャプ資料とか位置情報の調査とかやる暇もなく、
ワンセグ録画したデータを携帯電話にぶち込んで就寝しました。
そして、寝過ごしてしまい、朝10時に目が覚めたところ、
携帯電話が充電されていないことに気づいたので、さらに1時間出発が遅れることになった。

目的地である聖蹟桜ヶ丘駅には、渋谷経由だとかなり時間が係るため、
武蔵小杉・南武線・京王線経由で聖蹟桜ヶ丘に到着です。
京王線の遅延もあり、到着は13:15に到着。

やっぱり、お腹が空いたので、なか卯で昼食を食べて、耳をすませばの世界に入りました。

*今回は、舞台探訪記扱いで記事を書くことにします。

 

 


◆作品の舞台を荒らさないように!!
◆現地の方々とは友好な関係を築いて行きましょう!!
◆観光地以外の舞台に関しては、さらに注意が必要!!
→舞台が住宅地である場合は、個人の家を撮影するなど、プライバシーを侵害する行為などは絶対にやめて下さい。
◆学校などの施設への立ち入りに関して
→外部に一般公開されている場合を除いて、小・中・高校内に立ち入るのは絶対にやめて下さい。
協賛サイト → 舞台探訪まとめSite舞台探訪&聖地巡礼のお願い

P1060393.JPG

京王本線・聖蹟桜ヶ丘駅2番線
本編では、雫が市立図書館に行くために降りる駅なのですが、2番線ということは、
八王子方向から乗車してきたことになり、その辺も気なりますが、
今回はけいおん!!の気晴らしなので、深く考えることはやめました。

聖蹟桜ヶ丘駅より多摩センターに抜けるルートで行くことしました。


P1060395.JPG

 

聖蹟桜ヶ丘駅西口1
雫が駅を降りて、猫のムーンを追いかけるカット。
駅看板に、布がかかっていたのが、残念ですね。

P1060396.JPG

耳をすませば」の看板を発見。
さすが、ジブリ作品ですね。
作品公開10年を記念して、設置されたようですが、まったく知りませんでした。
地球屋があるロータリーなどが書かれておりますが、実際には地球屋はないのです。
その旨もこの看板には書かれておりました。

P1060401.JPG

そして、雫が渡った横断歩道です。
本編と比べると、2010年7月現在、かなり違いますが・・・
看板にもここだと書かれておりました。

さて、私は、いろは坂方向へ歩き始めました。

P1060403.JPG
P1060404.JPG
P1060406.JPG

この3枚の写真のカットは、雫が図書館からの帰り道のカットです。
本編を見ればわかりますが、川沿いしか一致してませんが、
背景の書き方的にここで間違いないようです。

P1060408.JPG

いろは坂に入ります。
ここより、坂なのですよね。
雫もかけて行きましたが、運動不足の私には辛いものです。
フ・ァ・イ・トだよ!と誰かに言って欲しいものです。

まずは、地球屋から、図書館に向かうカットを紹介します。

P1060430.JPG

雫が、坂を降りて行きます。
あとの2枚の場所とはかなり異なります。


大きな地図で見る

場所はここねww

P1060421.JPG

そして、いろは坂の階段に向かっている雫。

P1060419.JPG

階段は、場所的にはここなのですが、いろは坂の階段ではなく、上のカットの近くにある。

P1060413-1.JPG

そして、 階段の舞台は、いろは坂ですね。

P1060415.JPG

今回のレポート最後になりますが、いろは坂を登ったところに
杉村が雫に告白するカットで登場する金比羅宮がある。
同カットで撮影してみましたが、わかりますか?

ここまで、来て色々気づいたことがありまして。
どこの舞台でもそうなのですが、放送直後とかは、同業者が遭遇することがありますが、
この時点で、4組ほど確認しました。
それも、けいおん!!とかと異なり、女性グループ・男女グループなどが多い傾向があるので、
さすが、ジブリ作品だと思うわけで・・・

まあ、制服着た女子高生が、耳をすませばの舞台情報サイトをプリントアウトしたと思われる紙を持っていたのには驚いたわけでwww

中編に続く