2010年7月9日の金曜ロードショーで、1995年公開のスタジオジブリ制作の耳をすませばが放送されました。
既に、15年ぐらいの月日が経っていますが、私は、となりのトトロ・魔女の宅急便と並ぶ、お気に入り作品なのです。

【舞台】「耳をすませば」舞台探訪記@聖蹟桜ヶ丘・多摩市(前編)

ここで、後編を紹介します。

 


◆作品の舞台を荒らさないように!!
◆現地の方々とは友好な関係を築いて行きましょう!!
◆観光地以外の舞台に関しては、さらに注意が必要!!
→舞台が住宅地である場合は、個人の家を撮影するなど、プライバシーを侵害する行為などは絶対にやめて下さい。
◆学校などの施設への立ち入りに関して
→外部に一般公開されている場合を除いて、小・中・高校内に立ち入るのは絶対にやめて下さい。
協賛サイト → 舞台探訪まとめSite舞台探訪&聖地巡礼のお願い

いろは坂を登ると、同業者だと思われる方々が結構いらっしゃると感じながら、
資料を見ながら、耳をすませばの舞台ポイントに向かいました。
ここまで行くと、あまり人はいませんでしたが、
舞台探訪者と名乗っているので、細かいところまで行ってみました。

P1060427-1.JPG

雫が、猫のムーンを追いかけて駆け上がる竹林と言われているところです。
実際はそれっぽい場所という感じですが、竹林は、どうもここしかなさそうです。



P1060424-1.JPG

 

この眺めが良い場所は、雫が学校帰りなどで登場するカットです。
学校の舞台というものは、この付近にはないのです。
あと、ここは、非常に眺めが良い場所で、舞台探訪以外でも、結構楽しめたりします。

P1060467.JPG

ここからの眺めはこんな感じです。
19:00ぐらいに撮影したのですが、日没直後でロケーションも最高でした。

P1060471-1.JPG

さて、この場所なのですが、耳をすませばのラストシーンで登場した丘付近より撮影したものです。
「雫、大好きだ!!」と言った場所には、フェンスがあり入ることが出来ませんが、
風景のみ、カメラに収めることにしました。

さて、ここからは、舞台における地域の動きをご紹介します。

P1060446.JPG

いろは坂通りを登ると、地球屋があるロータリーの位置的な舞台である場所に、洋菓子店「ノア」あります。
この店には耳をすませば関連の写真・ジブリキャラの置物、
雫の中の人の本多陽子さんがこちらに来た時の写真などがありました。
らき☆すたなどで、アニメを使った地域振興などと言われているようになりましたが、
ここでは、それが始まるずっと前から、耳をすませばで地域振興を行っていたようです。
深夜アニメなどとことなり、一般向けアニメであるので、ファン層やそこに来られる方々も少し違うようです。

なにせ、豊郷小学校で、男女(カップル)の姿をよく見かけますが、
明らかに、男性が明らかに目を輝かせて、女性は、あまり乗る気ではないような雰囲気がありましたが、
耳をすませばでは、その逆で、女性の方が、目が輝いていましたよ。
あと、女性グループなども多かったです。
普段から、こうなんでしょうか?
機会を見つけて行ってみたいです。

P1060438.JPGP1060441.JPG

お腹が空いていたので、モンブランを頂きました。
あと、耳すましおサブレーという関連のお菓子もありました。
もちろん、購入して、先程頂きました。

P1060439.JPGP1060443.JPG

さらに、店内には、となりのトトロなどの人形が沢山ありました。
もちろん、耳をすませばのバロンも有りました。

P1060437.JPG

さらに、雫の中の人の本多陽子さんがいらっしゃった時の写真が店内に掲載されておりました。
ツイッターでも今回の放送では、かなり盛り上がったいたようです。

実は、ここで休憩していたら、同じような目的で来られた方とお話する機会があり、
そのまま、一緒に舞台を廻ることになりました。
耳をすませばのファン層から考えると、複雑な気持ちでしたが、アニメなどが好きな方々で話も弾みました。

後編に続く。