GWに陸路で北海道入りをした関係で、新青森駅よりスーパー白鳥11号(10:16発)に乗車しました。
JR北海道の789系ということで、CLANNAD AFTER STORY#18で朋也と汐が乗った列車と同じだったので、震災の影響で新幹線と接続しない、スーパー白鳥11号に新青森駅より乗車して、乗客が少ない青森駅までの区間で、車内カットの撮影をしました。
本編だと八戸乗り換えということでしたが、東北新幹線全線開業に伴い、新青森からとなってしまったスーパー白鳥ですが、そもそも、青森に行ったのだがら、今となっては新幹線で一本で行けるということになってしまうわけで、今ではありえない設定でもありますね。


◆作品の舞台を荒らさないように!!
◆現地の方々とは友好な関係を築いて行きましょう!!
◆観光地以外の舞台に関しては、さらに注意が必要!!
→舞台が住宅地である場合は、個人の家を撮影するなど、プライバシーを侵害する行為などは絶対にやめて下さい。
◆学校などの施設への立ち入りに関して
→外部に一般公開されている場合を除いて、小・中・高校内に立ち入るのは絶対にやめて下さい。

P1160370


新青森駅のホームにスーパー白鳥到着。
私は、函館・札幌・稚内に向かって長旅の始まりです。

CLANNAD AS1P1160385
奥に見えるのは、青函トンネルを紹介している座席テーブルの後。
本編でも汐がロボットで遊んでいますが、青函トンネルの案内であると確認できる。

CLANNAD AS2P1160373

座席の色は少し違うが、形などは完全に一致。

CLANNAD AS4P1160381

汐の笑顔が可愛いが、現実はそんなに甘くはないわけなんですよね~

wqddswP1160379

この時の朋也と汐の関係はまだギクシャクしているわけで、朋也に買ってもらった玩具で遊んでいる汐もなんだか寂しそうな気がしますね~
本編では、そのまま、京都の宇治にある亀石楼に宿泊して、大湊線で陸奥横浜駅に向かったわけだが、新青森駅開業で、青い森鉄道線(旧東北本線)にはすでにスーパー白鳥は運行されていないので、なんだか寂しいものです。
しかし、北海道新幹線新函館駅が開業してしまうと、789系自体が、青森では見れなくなるので、今のうちに雰囲気を楽しむのもいいかもしれませんね。

私は、そのまま、鉄路で稚内に向かいました。

*一部の画像を比較研究目的により引用しています。
作品自体の著作権は©VisualArt's/Key/光坂高校演劇部にすべてありますのでご注意ください。