最近、あの花の舞台探訪を中心に行なっているので、他の作品が後回しになっている状況ですが、
昨日、ツイッターより、たまゆらの舞台が私が住んでいる近所にあるという話を頂いたので早速いくことになりました。


◆作品の舞台を荒らさないように!!
◆現地の方々とは友好な関係を築いて行きましょう!!
◆観光地以外の舞台に関しては、さらに注意が必要!!
→舞台が住宅地である場合は、個人の家を撮影するなど、プライバシーを侵害する行為などは絶対にやめて下さい。
◆学校などの施設への立ち入りに関して
→外部に一般公開されている場合を除いて、小・中・高校内に立ち入るのは絶対にやめて下さい。

確か、たまゆらって広島県の竹原市が舞台なはずですが・・・

なんで、こんなことになったのかと言いますと・・・「たまゆら」HPより

tenyo

楓が中学まで過ごしていたのは、横須賀の汐入らしい・・・って
なんというジャストヒットしていることなんでしょうか?
横須賀が舞台である作品で、記憶にあるのは、スカイガールズとか、つよきすですが、
舞台探訪として動くことはありませんでした。
鎌倉の近くに住んでいるのですが、鎌倉が舞台であるというだけではあまり乗る気にはなれずにいましたが、
今回は、舞台=背景が登場すれば、10月クールからの探訪に加えざる追えないと考える次第ですな。


そして、HPがリニューアルし、新たなる課題が提示されましたし、
その場所についてもツイッター上で候補として上がっていた場所ですね~
最寄り駅から横須賀駅まで2駅。
そこから自転車で、現地に向かいました。

tamayutahp3
tamayutahp3

その場所は、スリーエフ不入斗店付近。(地図は非公開)
目の前が中学校とかが並んでいる場所なので、探訪・巡礼の際には最新の注意が必要だ。
それに、近くに駐車場なども少ないので迷惑をかけないようにしてもらいたい。
ぱっと見るとあまり、カットが一致してないような気がするので、詳細を説明する。

tamayutahp4P1080119

楓の奥の背景について、まずは、石垣が一致しているのがわかる。

tamayutahp5P1080124

そして、石垣の反対側の標識なども一致している。
カーブミラーの位置が・・・・

tamayutahp6P1080120

そして、左側の標識が完全に一致しているだ。
ただ、多少の改変が入っていると考えればの話だが。

tamayutahp3
tamayutahp7

色々と考えてみると、道路の紫ゾーンを気にしないで撮影するのがベストだと思う。
これが、ある意味結論である。

近くに、幼稚園・小学校・中学校が点在している場所であるので、物語もしばらくはここで続くのだろうか?
竹原市が舞台であるが、序盤は、汐入であったほしい次第ですね~

また、汐入でたまゆらのイベントも決定したようですね。
これは、ここが舞台として使われるというアピールなのでしょうか?
人気作品の舞台が近所にあるというのは嬉しい限りですね~

タイトル:『祝!TVアニメ化記念 たまゆら祭2011 in 汐入 ~始まりの場所なので~』
出演者 :竹達彩奈・阿澄佳奈・井口裕香・儀武ゆう子・佐藤順一監督・中島愛・中島ノブユキ
日 時 :8月14日(日) 開場 16:30 開演 17:30 終演予定 20:00
場 所 :横須賀芸術劇場 大ホール (〒238-0041 神奈川県横須賀市本町3-27)
料 金 :全席指定 3,990円(税込)
主 催 :たまゆら製作委員会
協 力 :横須賀市
内 容 :第1話の先行上映(OPなし)、キャスト・監督によるトークショー、
アーティストによる歌唱・演奏、オリジナルグッズ販売

   詳細はこちら


さて、雨も降ってきそうだったので、汐入駅前まで戻ってきました。
せっかく、横須賀まで来たので、海軍カレーでも食べようかなと思い、市内を散策してみました。

P1080140P1080137

そして、入ってみたのは、どぶ板食堂Perryという店。
海軍カレーとヨコスカネイビーバーガーというものがあるようで。
前回横須賀に行った時、海軍カレーは食べたので、ヨコスカネイビーバーガーを頂きました。
アメリカンサイズなため、220gのビーフは正直無理だろうと思う、110gバージョンを頂きました。
それでも、結構な大きさでしたね~
ファーストフード店以外でハンバーガーを他食べたことがなかったので、初めての体験でしたね~
美味しく頂きました。

あと、この店の一角に、おねがいツインズの宮藤深衣奈のフィギュアがあったことに気づいてしまいましたよ。
なんで・・・・wwww

今後、10月以降に横須賀に足を運ぶことが多くなるのかわかりませんが、10月より探訪リストにいれていきたいと考えております。

一部の画像を比較研究目的により引用しています。作品の著作権(画像も含む)は「(C)佐藤順一・TYA/たまゆら製作委員会」 にすべて帰属します。