いにしえのまち〜避難小屋〜

登山系アウドドアとアニメ・舞台探訪(聖地巡礼)系の境界線を行くブログです。

カテゴリ: 【旅行記】函館・青森舞台訪問&鉄道乗りつくし2007夏

青森にいってきましたので、津軽線に乗車してみました。
キハ40は、模型では持っていましたが、実際乗ったのは初めてかもしれません。
国鉄車両は、最高ですね。

>>JR東日本

P7161069.JPGP7161071.JPG

キハ40系原色+五能線の運用のキハ40系
2両運用(青森駅にて)

P7161028.JPGP7161041.JPGP7161045.JPG

津軽線を走るキハ40系(盛岡色)
左側 津軽二股駅
中央 今別駅
右側 三厩駅(終点)

>>JR北海道

P7151014.JPGP7150038.JPG

函館本線を走るキハ40系(北海道色)
森駅にて

P1010895.JPG

2007年7月14日(水)に竜飛海底駅の見学コースを周ることができました。
念願のコースで北海道新幹線が開業すると廃止となってしまうので、今がチャンスです。


P1010890.JPG 

八戸1050発→竜飛海底1245着

P1010893.JPGP1010897.JPG

青函トンネルは、主に3本のトンネルがあります。

・本線が走る本抗作業用

・非常用の作業抗(竜飛海底駅・吉野海底駅間にある)←見学コース

・トンネルが彫る前に調査のために彫った先進導抗(現在は、湧き水の貯水用)

トンネルの定点と呼ばれるところに竜飛海底駅・吉野海底駅があります。
ホームの長さは500mで、40m置きに誘導路があります。
左の写真は、それに該当します。
まず、係員の人に荷物を預けるように言われます。

P7140899.JPG

左側は、上りホームへ行く作業抗
右側は、下りホームへ行く作業抗

P7140901.JPG

これは、トンネルから出る湧き水を地上にくみ上げるポンプ。

P7140903.JPG

作業抗は、地上に出る場所へ向かっています。

P7140913.JPGP7140904.JPG
P7140905.JPGP7140912.JPG

トンネルで事故や火災が起こったことに、客が一時的に非難するスペースです。
世界一が二つあります。
一つは、世界一地下にあるトイレと、公衆電話です。
ここには、トンネルについてのパネル展示もありました。


P7140908.JPG

この付近に、竜飛の定点があります。

P7140922.JPGP7140921.JPG

ここからは、ケーブルカーで地上に上がります。
これは、ケーブル斜坑です。
地上に出ます。


P7140926.JPG
外は、海底記念館となっています。
竜飛岬が良く見えます。

P7140938.JPG

ありましたよ。
石川さゆり記念碑
もちろん、SPから、津軽海峡冬景色が流れています。


P7140948.JPG

階段国道です。
国道339号は、この部分だけ階段となっています。

P7140945.JPG
P7140967.JPGP7140939.JPG
P7140953.JPGP7140959.JPG
P7140965.JPG

竜飛岬の風景です。
天気もよく、最高のロケーションになっております。


P7140961.JPG

砲台があった記念碑らしいです。
函館と竜飛から砲台を撃って敵に備えていたようです。

P7140975.JPG

トンネルの湧き水をくみ上げて、一方はヒラメの養殖・もう一方は、海に流しているようです。
少々塩気があります。

P7140979.JPG

ダイナマイトを貯蔵していた穴らしいです。

P7140984.JPGP7140985.JPG

トンネル掘削で使われたものが展示されています。
ここは、トンネル掘削時は、工事関係者の宿舎があったようです。



P7140991.JPG

トンネルには、地上から風速20m程度の風が吹いているようです。
このような壁を作って、トンネル内の風速を1mまで下げているようです。
ようするに、循環をしているというわけです。
火災が起きたときは、この壁を開放されて、煙を地上に出すそうです。

P7140992.JPGP7140998.JPG

3時間30分ぐらいの見学コースでしたが、色々なことが分かり最高な時間でした。

雨なんですけど
函館の2日目になりました。
しかし、台風の影響で朝から小雨です。

とりあえず、函館の大三坂にあるAIRの美鈴の家の撮影に成功しました。
中は料理屋らしく入ってみたいと思いますが今の時間はまだ営業していないようです。

それに、こんな寒いなんて思いませんでした。
現在、半袖しかもっていません。

どうも場違いな格好をしているようです。

寒いです。

本日は函館市内の散策をしようと思いますが、上着の購入を考えないといけませんね。

このページのトップヘ