いにしえのまち〜避難小屋〜

登山系アウドドアとアニメ・舞台探訪(聖地巡礼)系の境界線を行くブログです。

カテゴリ: 【舞台】ARIA The NATURAL

2008年7月20日(日)『スケッチブック~full color's~』の舞台訪問を実施したので報告する。
今回は、深入りをするのを恐れて場所別の舞台探訪レポートで紹介。
対象場所は、福岡県の西鉄二日市駅の東口で、本編弟6話『夏の想ひ出』冒頭で登場したアングルだ。
この話では、春日野先生が合宿をしようと提案し、夏休みの最後の週に実施することが決まった。
そして、合宿日、待ち合わせの場所が西鉄二日市駅だったのである。
結局、合宿の場所は、学校でここからバスが実際にも出ているので舞台もここになったのだろうと推測。
ちなみに、学校の舞台は、県立大宰府高校である。

以下のことを遵守して舞台訪問を行ってください。

1、舞台では、不審な行動を取らないように心がけましょう。
2、必要以上に舞台の写真を撮るのはやめましょう。
3、舞台訪問/聖地巡礼は、1-3人程度で行いましょう。
4、舞台を荒らさないようにしましょう。
5、自動車等で舞台訪問/聖地巡礼を行う場合は交通ルールを守りましょう。


↓関連レポート↓
『スケッチブック~full color's~』舞台探訪レポート(学校編)

↓舞台マップ↓

西鉄二日市駅の東口のバスロータリーの各アングルの場所を紹介。
思ったより、パッとしないが、なんとかなるのかな?

sb_6_001.jpgP7202465.JPG

アングルを併せると、右奥の建物の大きさが一致しない。

sb_6_002.jpgP7202471.JPG

これも、左側の窓を入れてしまうと本編のようにならない。
なので、撮影時には、真ん中の三角に併せてみた。

sb_6_003.jpgP7202453.JPG 

空の背景の建物は、実はもっと奥にある。
電柱を入れると一致しないのだ。

sb_6_005.jpgP7202451.JPG

空を見つける夏海たち。

sb_6_006.jpgP7202456.JPG

バス停の屋根。

sb_6_007.jpgP7202454.JPG

頷く空・・・・
夏海たちと合流・・・・
背景の店の看板は一致しているが、やっぱり位置関係が合わない。

sb_6_008.jpgP7202460.JPG

田村・氷村先輩に枕について伝授を受ける。
背景は、バス停から線路側を見たアングルになる。

sb_6_009.jpgP7202447.JPG

ぞくぞくと集まってくる美術部員・・・・
これは、ほぼ一致したアングルが撮影出来た。

sb_6_011.jpgP7202445.JPG

改札口付近にある、西鉄旅行の看板。

sb_6_012.jpgP7202439.JPG

春日野先生到着。
改札口です。

sb_6_013.jpgP7202461.JPG

そして、目的地へ。 

sb_6_014.jpgP7202449.JPG

バスの乗る美術部員と先生。
ピーちゃんもいるぞ。
ちょうど、バスも来たので撮影してみた。

sb_6_015.jpgP7202448.JPG

バスの停車位置は少々違うみたい。

 sb_6_016.jpgP7202443.JPG

そして、バスは合宿地・・・学校へ向う。

『スケッチブック~full color's~』舞台特集へ

*一部の画像を比較研究目的により引用しています。作品の著作権(画像も含む)は©Totan Kobako / MAG Garden・full color'sにすべて帰属します。

2006年7月23日(日)にARIA The NATURALの舞台探訪を行いました。
この作品、舞台は外国であることは明白なのですが、第5話で日本国内が舞台となりました。
今回は、アニメ版で登場したシーンを、コミック版の舞台より紹介して行きます。

IMG_3039.jpgIMG_3038s.jpg

JR奈良線の稲荷駅を降りると直ぐに目的の伏見稲荷神社です。
調べてみると、商売繁盛の神様らしいです。
AIRAカンパニーのために二人はやってきたのでしょうね・・・・


aria5.jpgIMG_3029.jpg

 本編だと、日本の文化村らしいです。
アクアに移住した日本人は伏見稲荷をモデルに神社を作ったのでしょうか?

aria2.jpgIMG_2991s.jpg

お稲荷さんです。
これは、何処の神社に行ってもありますね^^
場所は山に入る入り口のお稲荷さんです。

aria8.jpgIMG_3016.jpg

本編で鳥居が沢山あるのですが、伏見稲荷にはより多くの鳥居がある。

aria1.jpgIMG_3026.jpg

さて、本編のアングルにめぐり合いました。
ここは、時代劇でも多く使われています。
本編との類似点は、鳥居の形とそれに続く道だけ・・・
ここは、森の中なので・・・景色は開けていません。
ちなみに、原作のコミックでも同様なシーンがあります。

aria7.jpgIMG_3013.jpg

灯理が雨宿りした場所?
伏見稲荷にはこのような場所は沢山あり特定は困難なのです。
本編のように、この配置でお稲荷さんが奉っているのはないようです。

aria4.jpgIMG_3035s.jpg

 ここは、伏見稲荷の正面です。
灯里がたどり着いた場所・・・・
このアングルで間違えないでしょうー

IMG_30081.jpg


これは、原作コミック版のアングルです。原作では、京都の貴船神社にも舞台があるようなので確認してみてください。


最後に・・・
今回の訪問では、ある重大な問題が発生しました。
それは、前日のハルヒ舞台訪問で体が大変な状態でした。
そして、この日は伏見稲荷で山登り・・・・さらに、雨・・・・・さらに、デジカメの電池が切れた。
以上のことであまり、舞台を廻ることができませんでしたので、少し残念でした。

一部の画像を比較研究目的により引用しています。作品自体の著作権はKozue Amano / MAG Gavden・AIRA Companyにすべてありますのでご注意ください。

このページのトップヘ