いにしえのまち〜避難小屋〜

登山系アウドドアとアニメ・舞台探訪(聖地巡礼)系の境界線を行くブログです。

カテゴリ: 【舞台】TVアニメ『AIR』

2005年12月3日(土)に兵庫県香住町にテレビアニメーション『AIR』舞台探訪を行いました。
ネットなどの情報により、舞台が、この町であることをかなり前から知っていましたが、様々な問題がありまして、実行に移すことが出来ませんでした。
しかし、この度、香住町に行けることになり、うれしい限りです。

なお、今回は、香住町と、和歌山県美浜町・御坊市にも足を運ぶことが出来うれしい限りです。

air_kasumi1_1.jpgair_kasumi1_2.jpg

静岡から、サンライズ出雲・スーパーまつかぜ・普通電車を乗り継いで、12:47ごろJR香住駅に降り立ちました。
自分自身、かなり遠出したなと感じました。
くろたまさんの芋(ポテト)も元気です。
リュックにずっと入れていたので変形してないか心配でしたが、問題ありませんでした。


さて、香住町では、事前の情報を元に行動しました。
第1話で往人と美鈴が、一緒に町を歩くシーンや、往人の人形を探すシーン・海のシーンなどがあります。
それらを、円滑に巡礼するために、私は、決断しました。

air_kasumi1_3.jpg

air_kasumi1_5.jpg

ふと、駅の左側を見ると、そこには、レンタルサイクルの看板・・・
それも、初回の一時間100円・それ以降は、一時間50円と格安な設定でした。
これは、やってと思いました。
歩くと大変なことは分かっていたので私は、自転車を借りることにしまいた。
左の写真は、その自転車・・・・
とっても、乗りにくかったのが印象的・・・

それに・・・・なんですよ・・・この後・・・・

air_kasumi1_6.jpg

air_kasumi1_7.jpg

まずは、町の西側に行くことにしました。
かなりの距離があったので自転車は正解でした。
矢田川に掛かる鉄橋があり、これは、本編12話の美凪と妹のみちるの電車に乗るシーンではないとか思いましたが、走ってい列車の違いや、雰囲気が違ったので、異なった場所であります。
ネットで調べてみたら、京都府宮津市にあるそうです。
また、行くことになりそうです。

air_kasumi1_9.jpg

air_kasumi1_8.jpg

町の西側から見た海岸です。
本編の海岸とは違うような、あっているような・・・
その前に、この日は12月、本編は夏設定なので、イメージが違うと考えてしまいます。
あと、海岸の近くに学校がありました。
生徒さんとかはいなかったので少し安心して近づくことができました。

学校のモデル地はここではないのですが、本編の配置と似ているのに驚きました。

air_anime2.jpgair_kasumi1_11.jpg

第1話で往人が寝ている海の堤防です。
香住町のそれらしい、堤防の写真です。
大きさなどが、明らかに違うので、モデル地ではないと確信。
まあ、学校の前のあった堤防なので、配置設定は間違えてないと思いますが・・・・

air_anime3.jpgair_kasumi1_10.jpg

第1話で、往人と美鈴が一緒に歩いているシーン。
この直後、商売道具である人形を紛失したことに往人が気づく。
学校の近くには、香住温泉があり、旅館などが多く点在していました。

そのため、古い建物が多く、おそらく神尾の家もここにあると思いました。
しかし、そこに住む人たちの目に耐え切れず、すぐにその場を去ることになりました。

air_anime35.jpgair_kasumi1_12.jpg

その後、町の東側に行くことにしました。
そこには、港があり、本編1話のイカ釣り漁船のシーンがここにあると感じました。

air_anime5.jpgair_kasumi1_13.jpg

また、漁港の近くに、往人と美鈴が、人形を探すシーン
冬だったので、初め見た時、イメージが異なっていたのでわかりませんでした。
しかし、ネットで調べてここしかないと感じカメラで撮影を行いました。
軽トラックも同じような場所に駐車してありました。

しかし、本編より、ゴミ量が多いのでないか?
ゴミはゴミ箱へ捨てた方がイイと思いますが、無理でしょうね~

air_anime34.jpgair_kasumi1_14.jpg

また、このシーン???
それにしても、ゴミが多いですね・・・・・
人形も見つかりませんよ・・・・

air_anime33.jpgair_kasumi1_16.jpg

カラスに、持ってかれた人形を美鈴が追うシーン??
でも、実際は、カラスを追っていた。ただ、それだけ・・・・・
背景の船は、浜辺に上げてある状態で置いてあります。

しかし、ここでは、港になっているので根本的に違うような気がします。
ただ、本編と告示しているは、右側の建物だけです。

air_anime19.jpgair_kasumi1_15.jpg

香住町東部の地形を撮影したものです。
本編のこのシーンは香住町ではなく、和歌山県美浜町ですが?
とりあいず、似ているので並べてみました。
この小山に、香住の天文台がありますが、霙が降って来たので、ロケハンを中止しました。
雨が降ると、カメラとかPSPとが、使えなくなりますし。残念です・・・・
なにしろ、電車の時間が来てしまった。←これが、原因

air_kasumi1_18.jpg

air_kasumi1_17.jpg

香住町は、カニの町です。
カニの直売所とか、たくさんありました。
昼食は、肉まんカニまんカニ汁を食べました。
カニ汁は飲み放題だった・・・
肉まんは、ボッタくりが商品でしたし・・・・・・

特集TOPへ

*一部の画像を比較研究目的により引用しています。作品自体の著作権はVisualArt's/Key/翼人伝承会にすべてありますのでご注意ください。

2005年2月10日(金)にTVアニメ-ションAIRの舞台探訪のため東京都国立市に行ってきました。
本編の霧島医院と商店街のシ-ンがこの国立市にあるのです。

air_ime1_9.jpgair_ime1_22.jpg

このアングルは有名ですね。
モデル地は一般的な個人経営の○○眼科だったのです。

air_ime1_1.jpgair_ime1_16.jpg

第1話で往人がここなら人が来るだろうと考えて人形劇ををやった場所・・・
結果は散々なことになりました。
その後、観鈴にお客はたくさん来たと報告してしまう・・・・

air_ime1_13.jpgair_ime1_30.jpg

air_ime1_4.jpgair_ime1_33.jpg

 反対側から見た霧島医院のシ-ン・・・・
実際は、ここは町の診療所ではなく一般的な個人経営の眼科だったのです。
撮影には最新の注意を払いました。

私たちが現地に着いた時心配なことがありました。
それは、もしこの病院が営業中だった・・・・
これが事実だったら近づいたら営業妨害で捕まる恐れがありました。
まあ、学校などに近づくよりは罪は軽いでしょう~けど・・・・

しかし、本日は営業時間は14:00~だったのです。
一安心しましたが、一般人の視線が辛かった。

air_ime1_3.jpgair_ime1_17.jpg


反対側にはバス停がありました。本編と同様に・・・・・・
バス会社は京王バスでした。
本編では、ボンネットバスが運行していましたが都心なのでそんなことはありませんよー


ここから先は本編で出てきた商店街を紹介します。

air_ime1_28.jpg


霧島医院が東京都国立市に存在していることから、他の商店街の建物もここにあるのではないかと考えました。

air_ime1_11.jpgair_ime1_26.jpg

air_ime1_12.jpgair_ime1_27.jpg

お米屋さんがありました。
霧島医院の近くに・・・・・
私たちはビックリでしたね^^

air_ime1_14.jpgair_ime1_25.jpg

 本編に登場した花屋さん・・・・?

今回の国立舞台探訪は初めて街中で行いました。緊張の連続でした・・・・
テレビアニメ-ションAIR舞台探訪はこれから続きます。

特集TOPへ

*一部の画像を比較研究目的により引用しています。作品自体の著作権はVisualArt's/Key/翼人伝承会にすべてありますのでご注意ください。

2007年7月15日(日)に函館へテレビアニメーション『AIR』舞台探訪を行いました。
神尾観鈴の家が、函館にあるという情報を手に入れたのは、今年のWGに札幌でUSO9000さんにお会いしたときでした。
その日、私は横浜に帰らなければならなかったのですが、旅行の日程を延長してまでも函館に行くことを考えてしまいました。
しかし、かなりお金がかかってしまうことなど、予算オーバーという現実がそこにはあったのです。
その関係で夏に関西や尾道方向にいくことを考えていましたが、それを取りやめて7月の3連休に函館へいくことにしたのです。
同時に、新海さんの監督作品である、『雲の向こう、約束の場所』の青森アングルの舞台を訪問も行いました。

 ■ 『雲の向こう、約束の場所』舞台探訪レポート(青森編)

anime_air_ha_004.jpgP7151004.JPG

 函館の大三坂付近に観鈴の家はあります。
私は、感動しました。
函館まで来た意味もありますよ。

anime_air_ha_003.jpgP7151005.JPG

 でも、ここで問題なのは天気なのです。
AIRの舞台訪問に付き物なのは、雨であるということです。
今まで立川の霧島医院に行ったとき以外、すべて雨が降っております。
今回も、外は小雨がふるなかの舞台訪問でした。
それに、寒いですl。

夏なのに・・・・

anime_air_ha_005.jpgP7151006.JPG

では、、周辺はどうなっているのでしょうか?
大三坂という有名な名所で、付近には、有名な教会などが数多くあります。
そのため、本編のような田舎の風景というわけには、いきませんね。
また、海は確かに坂を下りていくとありますいが、本編のようには見えません。

anime_air_ha_006.jpg

 では、内部はどうなっているのでしょうか?
内部へは、料理屋なので入ることを考えましたが、一人で行く場所ではないので、あきらめました。
しかし、見た感じ、縁側などは、似ています。
内装は、別な舞台のようです。

一部の画像を比較研究目的により引用しています。作品自体の著作権はVisualArt's/Key/翼人伝承会にすべてありますのでご注意ください。

2006年3月9日(木)に岡山県岡山市岩谷にテレビアニメーション『AIR』舞台探訪を行いました。
たまたま、後輩の実家が岡山だったことや、その後輩が地元で車を乗り回していることを察知したので、このような旅行が成功したのかもしれません。
そもそも、このバス停がPCゲーム版のAIRの舞台であるということは、アニメは始まるなかり前から知られていたようですね。
しかし、ネットなどではあまり紹介されていない上、アニメ版AIRのバス亭の舞台がここであるという情報にも乏しく、確証にはいたっておりません。
でも、このような機会に遭遇したので、はじまりの地である、バス亭を訪問いたしました。

IMG_11561.jpg

さて、今回もお供として、くろたまさんの芋(ポテト)をお供に引きつれAIR舞台探訪がはじまった。
後輩の運転する軽乗用車(オープンカー)で岡山市内を出発し、海沿いの道をドライブ・・・・
後輩『隣に女の子乗せて走りたいですよ。』
まあ、その気持ちはわからないでもないのだが・・・・・
車を走らせること1時間・・・・・
目的地である、岩谷へ到着・・・・・

air_anime1.jpgIMG_11531.jpg

これが、バス停・・・・
結構、辺鄙な場所にある。
本編第1話にて、登場しましたね。
でも、何か違うような気がする?
道路の形はそのまま・・・・だけど・・・・

背景に山がないこと・・・・反対側のバス停までの距離があり過ぎて、小屋が見えない(悲)
では、バス停を動かしてみたらどうだろうか?
そいつは、やってはいけないよ・・・・
バス停っていうものは、お神が設置を許可するもの・・・・
では、こんなもので代用してみたらどうだろうか?

air_anime1.jpgIMG_11681.jpg

バス停から50メートル程度進んでみた。
駐車禁止の標識がある場所でシャッターを押してみた。
似ているようなw
でも、背景には山はない。
それと、反対側のバス停にある小屋を行き過ぎてしまったので、小屋もない(悲)
ここは、舞台なのか?と思ってしまった。
しかし、本編はかなり背景をいじっている傾向があるのでここが舞台っていうことで、勝手に満足してみた。

air_anime1.jpgIMG_11631.jpg

ここが、今、問題になっている小屋なんだが、ここは小屋か?
ただの雨をしのぐための屋根しかついてないw
あ、小屋は別にあるのか?

air_s2.jpgIMG_14731.jpg

今回の舞台探訪は、西日本舞台探訪旅行という名のもと行われた。
私の卒業一人旅なのw


そんで、今回テレビアニメショーン『AIR』か各地とか『かみちゅ』の舞台である尾道・出雲などを巡礼した。
2006年3月11日(土)に訪問した、北九州市白野江(美鈴の学校の舞台)のバス停にそれらしい小屋発見!!

でも、違うか?

IMG_11601.jpg

IMG_11711.jpg

バス停の近くには砂浜がありました。
砂浜っていえば、美鈴ちぃんの最期の場所(劇場版・ゲーム版)
ここが、そうかなw
違うよ。


っていうことで、お手洗いを済ませて、尾道へか『ゆりえ様』が待っているよ・・・
車は、尾道へ進む・・・

*一部の画像を比較研究目的により引用しています。作品自体の著作権はVisualArt's/Key/翼人伝承会にすべてありますのでご注意ください。

このページのトップヘ